NEWSLETTER コラム配信 2020.1.15

「今グループフィットネスクラスはどれくらい安全でしょうか?」



FTP代表PhilArney:この記事は、ストラテジストと呼ばれるニューヨークの出版物で2020年の新型コロナウイルスパンデミックの渦中2020年11月に公開されました。

この記事はパンデミック時のグループフィットネスクラスと、実際の対面のクラスへ戻るとき注意すべき点を解説していますので以下にご紹介します。


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

新型コロナウイルスのパンデミックが始まって以来、ジムでの運動から家への運動になった時、ケトルベルとレジスタンスバンドは人気の商品でした。

インストラクターがフォローしてくれるモチベーションが好きな人々は、インスタライブや他のサブスクリプションプラットフォームなどバーチャルクラスに目を向けました。

自宅でのストリーミングのクラスは、実際にクラスに参加することとまったく同じではありません。

特にグループクラスの友情を楽しんでいる場合には、ワークアウトの途中で一時停止を押したくなるでしょう。


ジムやスタジオは、春と夏の間にクラスを屋外の公園や屋上に移動させソーシャルディスタンスを可能にしたとき、ワークアウトはほぼ正常に戻りました。

(Physique 57、305 Fitness、Barry’s Bootcamp、Tone Houseは市内全域で11月中も屋外クラスを提供しています)


しかし、寒くなってきたらどうでしょう?


地域の規制に応じて、再開されたジムではさまざまな安全対策が導入されています。

たとえば、クランチは多くの店舗で占有率を3分の1に制限し、高度な空気ろ過システムを設置しています。

また、先月、EquinoxはEquinox + In theWildをオープンしました。

グループクラスと器具でのトレーニング両方を提供する完全な屋外クラブです。

ヒートランプとテントエリアがあるので、冬が近づいても、安全な屋外オプションになります。

現在、ニューヨーク市では屋内グループクラスは許可されていません。

しかし、彼らが開放した場合(またはあなたがその地域に住んでいる場合)どうすれば自分自身と他の人を新型コロナウイルから保護できるでしょうか?

それを調べるために、2人の感染症の医師に、マスクを使った運動や器具の共有などあらゆることについて尋ねました。

—シダーズ・シナイ医療センターのW.David Hardy博士/

                  UCLA DavidGeffen医学部のPeter Katona博士-

両方の医師は、天候が許せば屋外のクラスに賛成しました。

「屋外にいる場合、日光があたっていて、温度があり、気流があり、これらすべてが有利に働きます」とカトナ氏は言います。ただし、そのオプションがなく、屋内のクラスに参加している場合は、できるだけ安全な体験をするために、あなたとジムが講じることができる手順があります。


注意すべきことの1つは、スタジオがどれだけ換気を促進できるかです。


ドアや窓を開けたままにするか、高品質のHVACシステム(暖房、換気、空調)。

クラスの定員も、距離を保つために通常よりもはるかに少なくする必要があります。

「運動しているとき、力強く呼吸しているため最低限1.8m必要。」とハーディ氏は言います。これらの激しい呼気により、より多くの呼吸粒子が排出される可能性があり、これらの粒子は通常の呼吸と比較してより長い距離を移動する可能性があります。


また、屋内クラスを快適に受講できるかどうかを判断する際には、お住まいの地域での新型コロナウイルス検査の陽性率と新しい症例に注意を払う必要があります。


カトナが言うように、「あなたが屋内でどれだけのことをし、どれだけ安全であるかは、あなたのコミュニティにどれだけのウイルスが存在するかに大きく依存します。」

パーソナルレベルで、推奨される基準を満たすフェイスマスクを持っていることを確認してください。


推奨される基準:

光を当てることができない厚い布が何層も重なっているもの。


マスクを付けたままでは正常に呼吸できないと感じた場合でも‐特に激しい運動中に息を切らしている場合‐医師は、マスクを引き下げて鼻や口を露出させようとする誘惑に抵抗することが不可欠だと言います。


「実際には、十分な空気と十分な酸素が得られていると思われます。口と鼻の前に呼吸しなければならないものがあるため、気分が悪くなります」とハーディ氏は言います。

屋内で自分自身や他の人を保護するためにマスクは絶対に必要であるため、専門家はマスク着用規則を常に施行することが重要であると述べています。

つまり、インストラクターは、全員が口と鼻を覆うマスクを持っていることを確認し、ポリシーに従わない人には退去を求めます。


器具の共有に関して、

共有機器に関しては、ハーディ氏は、ウイルスは汗を介して伝染せず、表面での接触によって広がることはめったにないと説明しますが、誰かがマットなどで激しく呼吸している場合、呼吸器飛沫がその表面に着地する可能性があります。

「表面に触れた後、手が口や鼻に触れると問題が発生します」と彼は言います。


私たちはよく考えずにこれらの動きをするので、彼は使用の合間にすべての器具を拭き掃除することを勧めています。

もちろん、定期的な手洗いを続けることを忘れないでください。

そして、ジムや他の参加者が適切な安全対策を実施していない場合には、自分の器具を持参することを検討してください。



出典:

https://nymag.com/strategist/article/how-safe-are-groupfitness-classes-right-now.html 



0コメント

  • 1000 / 1000