NEWSLETTER コラム配信 2021.3.16


2021年以降のアメリカのフィットネスの未来



FTP代表PhilArney:

"この記事は、2020年の新型コロナウイルスパンデミックの際に、米国のトレーニング予約電話アプリケーションであるClasspassによって公開されました。

Classpassは、スタジオ、ジム、スパ、ウェルネスパートナーの30,000人からのデータを調べました。 以下に彼らの発見の要約があります。"


1. ランチタイムワークアウト

これまでで初めて、午後12時が週の中で最も人気のある時間です。

ランチタイムのトレーニングでは、人気が67%増加しています。

この変化は主に、リモートワークの増加やシャワーを必要としないオンライン会議の手軽さに起因する可能性があります。

人々がスタジオに戻っても、平日の午後12時の時間枠は、ロックダウン前よりも人気があります。

ダラス、ニューヨーク市、ロサンゼルス、バンクーバー、ワシントンD.C.はすべてこの傾向に傾倒しており、今年のランチタイムウォリアー、またはランチタイムクラスを予約する可能性が高い都市になっています。

国際的にも、ブリストル、ロンドン、エジンバラ、ダブリン、マンチェスター、ブライトンはすべてランチタイムクラスが大人気。


2.オンラインでインターナショナルワークアウトに参加する

デジタルオプションを使用すると、地理的な場所に制限されなくなるため、全国の友人とダンスクラスを受講したり、休暇中にお気に入りのスタジオを再訪したりする絶好のチャンスとなり、メンバーの半数以上が他の都市のクラスに定期的に参加しています。

ニューヨークとロサンゼルスのスタジオは、国際的なメンバーから最も注目を集めています。

ロンドンやシンガポールなどの都市に拠点を置くフィットネスファンは、米国のトップスタジオを試してみたいと思っていて、

すでに北米に拠点を置くメンバーは、ロンドン(英国)、シドニー(オーストラリア)、またはアムステルダム(オランダ)からストリーミングされたクラスを受講する可能性が最も高くなっています。


3.屋外トレーニングブーム

屋外でのトレーニングはヨーロッパで最初に登場し、全米で需要が伸びています。

アウトドアクラスのオプションの数は2020年に400%増加しました。

多くのスタジオはクラスで美しい街の風景を利用するなど、創造的になっています。

アムステルダムのとあるスタジオでは、十分に活用されていない結婚式場を使用していました。屋外クラスを予約する可能性が最も高い都市なのは米国ではロサンゼルス、英国ではエジンバラとなっています。


4.重要な企業の健康

働く人の25%は、新型コロナウイルスの発生時よりもたくさん運動しており、5人に1人が以前の通勤時間を使って運動しています。

5人に4人は、新しい在宅勤務を確立するためにフィットネス活動が不可欠であると述べています。また、96%は、運動後のストレスが少ないと感じており、89%は、運動後の就業時間中の生産性が高いと感じていました。

チームワークアウトに参加した5人に3人は、その後、チームとのつながりが深まったと感じています。チームワークアウトは、プライベートHIITまたはヨガクラスを予約して、エンゲージメントとトレーニングを一緒に続ける可能性が高く、何百ものプライベートクラスが予約されています。


5.安全だと感じたら人々はスタジオに戻ります

働く人の92%は、2021年にフィットネススタジオやジムに戻ることを望んでおり、40%は、安全だと感じたときにスタジオ内のトレーニングに専念することを計画しています。





0コメント

  • 1000 / 1000